名曲から学ぶ英単語

洋楽を聴きながら英単語を勉強。DUOを超える英語学習コンテンツを目指します。

All I Want For Christmas Is You (クリスマスに欲しいのはあなただけ) - Mariah Carey

こちらは説明不要のクリスマスの定番名曲ソングです。聞いたことはあるけれど、歌詞を詳しく見たことがない人も多いのではないでしょうか。

Just the Way You Are (素顔の君で) - Bruno Mars

この曲は見た目を気にする彼女に対してそのままでいて欲しいという甘い一曲です。Billy Joelの曲に同名の曲がありますが、こちらも名曲です。

Teenage Dream (十代の夢) - Katy Perry

この曲は十代の頃の性に対する衝動を思い起こさせる名曲です。大人になってもこうありたいものですね。

Wake Me Up (目覚めさせてくれ) - Avicii

この曲はDJのAviciigが作ったサウンドにソウルシンガーのAloe Blaccが乗せて歌うEDMの名曲です。かっこいいメロディに注目です。若者の心を歌っています。

Bitch (嫌な女) - Meredith Brooks

この曲は女性の持つ多様な感性をうまく表現した名曲です。ビッチは日本語だと違った捉えられることが多いですが、本来は嫌な女という意味です。

Can't Take My Eyes Off You (君から目が離せない) - Frankie Valli

この曲はラブソングの定番です。サビは知っている人も多いと思います。意中の女の子に聞かせてあげたい一曲ですね。

Dear Future Husband (未来の旦那さんへ) - Meghan Trainor

この曲は将来夫になる男への要望をポップなサウンドで伝える一曲です。リズムの良い面白い曲です。

Forever Country (カントリーよ永遠に) - Artists Of Then, Now & Forever

こちらはTake Me Home, Country Roadsにアレンジを加えた曲を総勢28名のカントリー歌手達が歌い上げるという超豪華な一曲です。おかげでカテゴリが大変なことに…。また、CGを利用したミュージックビデオも見応えがあります。アレンジに使われている曲は、I W…

Take Me Home, Country Roads (家まで連れてって 故郷の道よ) - John Denver

この曲はカントリーポップの王道的名曲です。日本ではジブリ映画の耳をすませばの主題歌、”カントリー・ロード”でも有名です。

I Will Always Love You (あなたをずっと愛してる) - Whitney Houston

この曲はその歌唱力で聴くものを圧倒するラブソングの王道です。Whitneyの歌として有名ですが、もともとはDolly Partonが作曲しています。

Scream (叫び) - Michael Jackson

この曲は不正によって抑圧された情動を歌で表現した名曲です。ミュージックビデオはギネスで史上最も費用のかかったPVとして認定されています(約7億)。

Break Free (自由になる) - Ariana Grande

この曲は解放されて自由になった時を歌った曲です。DJ Zettフィーチャリングの音の響きがかっこいいです。

ABC (エービーシー) - The Jackson 5

この曲は勉強を始める小学生に聞かせてあげたい一曲です。しかしサウンドが素晴らしいため、大人でも楽しめる名曲です。

We Are Never Ever Getting Back Together (私たちはもう決してヨリを戻したりしない) - Talor Swift

この曲は、もう絶対にヨリを戻さないことを伝える歌です。キャッチャーなサウンドなので初めて聴いた時は別れの曲だとは思いませんでした。

Sugar (糖分) - Maroon 5

この曲は愛情を砂糖にたとえたラブソングです。サビでのSugarのメロディーが強烈に印象に残る名曲です。

Born This Way (この道に生まれた) - Lady Gaga

この曲はあらゆる多様性を認め、自分を肯定する歌です。彼女の歌声は力強く、心に響いてきます。説明不要の名曲でしょう。

Karma Chameleon (気まぐれカーマ) - Culture Club

この曲は恋人との葛藤に悩む男の歌です。サビの部分は聞いたことのある人も多いと思います。名曲です。

Hero (英雄) - Mariah Carey

この曲は人生に迷っている人全てにオススメできる応援歌です。彼女の力強い歌声に励まされます。

What Makes You Beautiful (君を美しくするもの) - One Direction

この曲は自信なさげなかわいい女の子に向けたラブソングです。リズムが最高で、聞くとテンションがあがります。

Call Me Maybe (よければ電話して) - Carly Rae Jepsen

この曲は一目惚れして電話番号を渡すというストーリーをポップなメロディーに乗せて歌った名曲です。当時日本を含む世界中で一大ブームを巻き起こしました。

Uptown Girl (上品な彼女) - Billy Joel

この曲は上品な女の子にアタックするときに勇気が出そうな名曲です。アップテンポな曲調なため、聞いてるとテンションがあがります。

Kiss Me (キスして) - Sixpence None The Richer

この曲は彼女の可愛らしい歌声とロマンティックな歌詞が魅力的な名曲です。

Virtual Insanity (仮装狂気) - Jamiroquai

この曲は高度すぎる技術によって歪められた世界をかっこいいサウンドに乗せて歌った名曲です。カップヌードルのCMで使われたことでも有名です。

New Soul (新たな魂) - Yael Naim

この歌はアップルのMacBookでCMに使われて話題となった曲です。Yael Naimの歌声は透きとおっていて聞いていて心地いい。未熟な若者についての歌です。

I Want To Hold Your Hand (君の手を握りたい) - The Beatles

この曲はシンプルだけれど、心に残るラブソングです。 わたし的にはビートルズで一番好きな曲です。ミュージカルドラマのGleeでカートが歌うバージョンも好き。

Don't Know Why (何故かはわからない) - Norah Jones

この曲は彼女の美しい声が心に響く名曲です。後悔する気持ちを歌にしています。日本たばこ産業(JT)のCMでも使われていたことから、聞いたことがある人も多いかと思います。

Lean on Me (僕を頼って) - Bill Withers

この曲は多くのアーティストにカバーされている名曲です。彼がウェストバージニア州の炭鉱町で過ごした少年時代がこの曲に影響を与えています。ロサンゼルスに移ってから、昔の温かい人間関係を懐かしんで作曲されました。

Complicated (複雑) - Avril Lavigne

この曲はは他人の前で別人のようになってしまうボーイフレンドに対する歌です。アメリカでミリオンセラーを記録する名曲となっています。わたしは彼女の中でこの曲が1番好きです。

Stand By Me (そばにいて) - Ben E. King

この曲は同名の映画で主題歌にもなっている名曲です。誰もが聞いたことがあるサウンドかと思います。ジョン・レノンを含む様々なアーティストにカバーされています。

Stronger / What Doesn't Kill You (強くなる) - Kelly Clarkson

この曲はパワフルな失恋ソングです。実はこの曲のメッセージの"What doesn't kill you make you stronger(辛いことが人を強くする)"はニーチェの言葉"That which does not kill us makes us stronger(生ある限り、全てが試練だ)"にインスピレーションを…

I Want You Back (取り戻したい) - The Jackson 5

この曲は1999年にグラミーの殿堂入りを果たした名曲です。リードボーカルは当時10歳のマイケルです。さすがはマイケル、この年でこの歌唱力とは驚きです。日本語のシングルでは帰ってほしいのと訳されています。

Dancing Queen (ダンスの女王) - ABBA

この曲は非常にノリが良い曲で、聞いていると踊りたくなってきます。1976年9月4日~10月9日に6週連続で全英シングルチャートの1位に輝きました。カラオケで歌えば間違いなく盛り上がります。